回収・処理の流れ

産業廃棄物の回収・処理の流れ

産業廃棄物は、大企業や工場だけでなく、身近な事業所からも、さまざまな種類の廃棄物が排出されています。
この産業廃棄物を適正に処理することで、産業の健全な発展を支え、人々の健康や地域の環境を守っていきます。
その回収や処理の流れは、「排出」「運搬」「処理」に分かれ、廃棄物の種類に応じ、「処理」される場所へ「運搬」され処理されていきます。

産業廃棄物の種類について

産業廃棄物の種類はたくさんあり、また処理方法も違っています。産業廃棄物を適正に処理していくために廃棄物処理法により、下記の表のように20種類に分類されています。
あらゆる産業廃棄物が、このいずれかに分類され、産業廃棄物を出す際に、まずどの種類に該当するか確認が必要となってきます。
詳しくは、お気軽に弊社にご相談ください。

1.燃えがら 焼却残灰、石炭火力発電所から発生する石炭がらなど
2.汚泥 工場廃水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
3.廃油 潤滑油、洗浄用油などの不要になったもの
4.廃酸 酸性の廃液
5.廃アルカリ アルカリ性の廃液
6.廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず等、合成高分子系化合物
7.紙くず 建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの
8.木くず 建設業、木材製造業などの特定の業種から排出されるもの
9.繊維くず 建設業、繊維工業などの特定の業種から排出される天然繊維
10.動植物性残さ 食品製造業などの特定の業種から排出されるもの
11.ゴムくず 天然ゴムくず
12.金属くず  
13.ガラス・陶磁器くず  
14.鉱さい 製鉄所の炉の残さい、錆物廃砂
15.がれき類 建物解体に伴って生じたコンクリート破片・アスファルト破片など
16.動物系固形不要物 と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥
17.家畜のふん尿 畜産農業から排出されるもの
18.家畜の死体 畜産農業から排出されるもの
19.ばいじん 工場や焼却施設の排ガスから集められたばいじん
20.上記の19種類の産業廃棄物を処分するために処理したもの

廃棄物許可・マニフェストについて

産業廃棄物は、廃棄物の関わり方で「排出する事業者」「運搬する業者」「処理する業者」に分かれ、運搬・処理業者には廃棄物の種類ごとに都道府県から業務を行う許可が必要です。この許可のもと、産業廃棄物を適正に処理していきます。また排出する事業者にも、産業廃棄物が、どれくらいの量で、どのような運搬・処理を行われたのかを、十分に把握することが求められています。
そのため、「産業廃棄物を処理する際には、廃棄物がどのようなものなのかを把握し、運ぶ人や処理する人に正しく伝え、処理の確認を最後まで行う」
役割を担う「産業廃棄物の身上書」、マニフェストを使い、産業廃棄物を適正処理をチェック・報告を行っています。

■マニフェストサンプル

(画像をクリックすると、PDFで見ることができます。)

清掃業務について

工場、施設内外のピット、タンク清掃を、経験豊富なスタッフと強力な吸引力をもつ特殊車両の機械力を活かし、安全・確実な作業を実施します。
設備の長期延命、廃水による環境汚染を未然に防ぎ、環境と産業の調和をめざした社会作りに貢献いたします。
緊急時の要請にも即対応できる体制を心掛けております。

・各種工場設備の廃水処理設備ピット、タンク清掃

・セメント工場内ダスト回収

・側溝、集水マス、暗渠部分清掃

・焼却施設の灰改修

・分離層清掃

・サンドブラスト回収

・汚泥、粉粒体、液体(大量吸引、運搬)

Page TOP